山梨県 笛吹市 内科 糖尿病内科 代謝内分泌内科 糖尿病 高血圧症 脂質異常症 肥満 生活習慣病 中里内科クリニック

  • HOME
  • お知らせ
  • 医師の紹介
  • クリニック案内
  • 地図・アクセス
  • 初診の方へ
  • リンク

院長の学会・研究会活動一覧

 

CONTENTS
Mobile Site
HOME»  院長の学会・ 研究会活動一覧

院長の学会・研究会活動

当院では日本糖尿病学会の認定専門医である院長が研究会にも頻回に出席し、患者さんの治療に資するべく常に最新の知見を得る努力を続けています。また、なるべく専門外の研究会にも出席するよう心がけています。ここでは直近4年間に院長が出席した研究会の一覧をご紹介させていただきます。(院長が講演させていただいているものも挙げています。)

2013年

日付 セミナー・研究会活動
2013/12/17 『E-Poster in 山梨』

<講演1>「エクアの使用経験」~グリニド薬からの切り替えを中心に~
<講演2>「数あるDPP4阻害剤をどう使い分けるか?」~エクア錠の使用経験から~
講師:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
<講演3>「DPP4阻害剤を用いた腎臓機能障害患者の糖尿病治療」
<特別講演>「糖尿病治療の最前線」
2013/12/10 『ARB Forum 2013 in Yamanashi』

<情報提供>「ミカムロ配合錠 最新の話題」
<一般講演>
講演1:「糖尿病患者における降圧の意義」
講演2:「血圧の季節変動と食塩摂取」
講演3:「当院におけるテルミサルタンの使用経験」
<特別講演>「糖尿病患者における大血管障害予防~メタボサルタンを用いた最強戦略の意義~」
2013/12/4 『山梨インクレチンサークル2013』

<製品紹介>「グラクティブ®錠 最近の話題」
<基調講演>「熊本宣言2013を臨床に生かす
~DPP-4阻害薬の効果を最大限引き出す為の実地診療のポイント~」
<座談会>「DPP4阻害薬からの次の一手 併用?切替え?増量?」
パネリスト:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2013/12/3 『認知症予防を見据えた生活習慣病講演会』

<Session1>「生活習慣病治療に対する武田薬品の取組み」
<Session2>「山梨の認知症と医療連携」
<Session3>「認知症発症予防を見据えた糖尿病治療戦略」
2013/11/28 『テネリア1周年セミナー in Yamanashi』

<情報提示>「テネリア錠20mgの最新情報」
<症例提示>「当院におけるテネリグリプチンの使用経験」
<特別講演>「糖尿病性合併症発症進展抑制を考慮した血糖降下薬の選択」
2013/11/27 『オングリザ錠発売記念講演会』

<製品紹介>「オングリザ錠」
<特別講演>「糖尿病診療の過去・現在・未来」
2013/11/20 『Yamanashi Lyxumia Round Table Discussion』

<情報提供>「インスリングラルギンの最新情報」
<講演I>「GLP-1受容体作動薬リキスミアの使用経験」
講師:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
<講演II>「GLP-1受容体動作薬の今後の可能性」
2013/11/19 『第3回峡東地区糖尿病研究会』

<情報提供>速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤「グルベス配合錠」
<一般講演>「糖尿病患者における動脈硬化評価のための検査の実際」
<特別講演>「食後を制して血管を護る」~21世紀の糖尿病診療~
2013/11/18 『峡東地区医療連携勉強会』

<特別講演>「エクアの使用経験(他DPP4阻害剤からの切り替えによる血糖コントロール改善効果)」
講師:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2013/11/12 『山梨県糖尿病学術講演会 ~スイニー錠発売1周年記念講演会~』

<製品紹介>「選択的DPP-4阻害剤 スイニー錠について」
<一般講演>「当院でのスイニー錠使用経験」
座長:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
<特別講演>「インクレチンを用いた糖尿病の治療」
2013/11/7 『糖尿病フォーラム in 山梨 ~スイニー錠発売1周年記念講演会~』

<製品紹介>「選択的DPP-4阻害剤 スイニー錠について」
<講演>「アナグリプチンの使用経験~他剤からの切り替えによる血糖改善効果など~」
<特別講演>「DPP-4阻害薬の抗動脈硬化作用~最近の話題~」
2013/11/2 『糖尿病患者さんの食習慣を考慮に入れた薬物治療』

<特別講演>「食品交換表第7版改訂のポイント(低炭水化物食の功罪)」
<パネルディスカッション>「患者さんの特徴を踏まえた食事療法について」
座長:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
1.食習慣を考慮した糖尿病の薬物治療
2.食事指導の実際~何を目指して指導するのか~
3.患者一人ひとりに応じた食事指導~これまでの食習慣を踏まえた行動変容「できることから!」~
4.患者の食事療法を振り返り、問題点の共有・改善への取り組み
2013/10/29 『シュアポスト®ライブ配信講演会』

<講演>「食後を制して血管を護る~21世紀の糖尿病診療~」
2013/10/28 『山梨COPDセミナー』

<製品紹介>「慢性閉塞性肺疾患の最近の知見について」
<特別講演>「身体活動性と気管支拡張薬~新しいガイドラインをふまえて~」
2013/10/24 『山梨GLP1セミナー』

<製品紹介>GLP1受容体作動薬「リキスミア」
<講演>「GLP-1受容体作動薬の新展開-基礎インスリンとの併用がもたらすUltimate Potential-」
2013/10/23 『第2回 Treatment Gap研究会』

<製品紹介>「ジャヌビア錠」
<特別講演>「失明につながる眼の慢性疾患に対する治療」
座長:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2013/10/17 『笛吹市医師会学術講演会』

<製品紹介>「選択的DPP-4阻害剤 スイニー錠」
<特別講演>「体重管理を重視した2型糖尿病薬物治療とは」
2013/10/12 『サノフィ糖尿病シンポジウム ~リキスミア発売記念講演会~』

<基調講演>「持効型インスリンによる空腹時血糖値是正の意義を考える」
<講演>「インクレチンの基礎と臨床」
演題:「膵β細胞ブドウ糖毒性分子メカニズムからみたGLP-1受容体作動薬の有用性」
演題:「GLP-1受容体作動薬の新たなる展開~リキスミアと基礎インスリン併用の有用性~」
2013/10/10 『糖尿病治療に関する社内勉強会』

<講演>「糖尿病の薬物治療2013」
講師:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2013/10/3 『東山梨うつ医療連携の会』

<講演>「気分障害の広がりとプライマリ医の役割」
2013/9/26 『第5回 加納岩医療フォーラム』

<Session1>
「認知機能を低下させないための生活習慣病治療」
<Session2>
1.「CLBBBと心不全」
2.「頚椎疾患について-主に病態・治療について-」
2013/9/24 『第523回 甲府市内科医会』

<情報提供>DPP-IV阻害薬「テネリア錠」最近の話題
<講演1>「テネリグリプチンの使用経験~他剤からの切替えによる血糖改善効果~」
<講演2>「2型糖尿病の病態と薬物治療~今後の展望も含めて~」
2013/9/11 『EPAフォーラム IN 東山梨』

<製品紹介>「エパデール 最近の話題について」
<講演>「甲府共立病院における虚血性心疾患への取り組み-EPAの活用-」
2013/9/6 『第3回山梨高尿酸血症・痛風研究会』

<製品紹介>高尿酸血症治療剤「フェブリク錠」
<特別講演>「痛風・高尿酸血症をめぐって -実地診療での疑問に答えて-」
2013/9/5 『Functional Dyspepsia 最新治療フォーラム』

<製品紹介>「機能性ディスペプシア治療剤 アコファイド錠100mg」
<一般講演>「FGID(FD・IBS)の実態と治療」
<特別講演>「機能性ディスペプシアと慢性胃炎-使い分けて、正しく、楽しい診療-」
2013/8/31 『テネリアが目指す良質な血糖管理とは? ~食後血糖管理のUp To Date~』

<第1部>「食後高血糖と酸化ストレス」
<第2部>「食後高血糖とその評価」
<講演I>「動脈硬化抑制を目指した糖尿病治療~臨床からみたテネリアの可能性~」
<講演II>「食習慣を考慮した糖尿病治療」
<特別講演>「Postprandial Hyperglycemia:Should we care?」
2013/8/9 『美波セミナー 峡東地区版』

<製品紹介>速効型インスリン分泌促進剤「シュアポスト錠」
<特別講演>「質の高い血糖管理を目指して」
2型糖尿病の薬物療法2013 ~食後高血糖管理における食事療法の重要性~
講師:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2013/8/8 『峡東診診連携の会』

<製品紹介>「グラクティブ錠について」
<特別講演>「最近の不整脈治療について」
2013/8/5 『トレシーバ® サテライトダイアログ』

<講演>「CGMからみた糖尿病治療の最適化 -新しいインスリン製剤の可能性を含めて-」
2013/7/24 『世界の糖尿病治療の潮流2013 ~ADAの話題を中心に~』
2013/7/20 『第8回甲府糖尿病懇話会』

<特別講演>「病態に応じた積極的なインスリン治療」
2013/7/13 『実臨床のデータから糖尿病治療を考える』

<Topics Lecture>
「Effectiveness of Diabetes control with vildaGliptin and vildagliptin/mEtformin. The EDGE study.」
<Special Lecture>「Vildagliptinの実臨床での検証」
2013/7/11 『食後高血糖フォーラム 2013 in 山梨』

<製品紹介>「糖尿病食後過血糖改善剤 セイブル錠について」
<講演>「当院におけるミグリトールの使用経験」
<特別講演>「リスクとベネフィットを見据えた血糖管理-How to reach a target?-」
2013/7/9 『トレシーバ®CGM講演会』

<製品紹介>「トレシーバ®注フレックスタッチ®について」
<基調講演1>「トレシーバ®低用量の使用経験」
<基調講演2>「当院でのトレシーバ®使用経験」
<特別講演>「トレシーバ®の特性と臨床的意義」
2013/7/6 『アピドラ全国講演会』
病態に合わせたインスリン治療~質の高い血糖コントロールを求めて~

<第1部>
「インスリン療法「賢者の選択」-ミラドラ」
「患者満足度を高めるインスリン治療の実践」
<第2部>
「インスリングルリジンとその他超速効型インスリン製剤間の作用特性の差異-入院および外来での検討-」
「臨床における超速効型インスリンの差異~ASADRA Studyからの考察~」
「強化インスリン療法に、より適した超速効型製剤は何か?~BANDRA Studyの成績を中心に~」
<第3部>
「超速効型インスリンを用いた食後血糖管理」
「1型糖尿病患者のインスリン治療~インスリングルリジンの新たなる可能性~」
2013/6/28 『代謝疾患フォーラム in 山梨』

<製品紹介>「小腸コレステロールトランスポーター阻害剤 ゼチーア錠」
<一般講演>「脂質異常症とエゼチミブの使用経験について」
<特別講演>「なめてはいけない脂肪肝 -NAFLDの診断と治療について-」
2013/6/26 『峡東地区アレルギー研究会』

<製品紹介>「持続性選択H1受容体拮抗・アレルギー性疾患治療薬 ザイザル錠5mg」
<講演>「夏場に多い皮膚疾患とその治療法~当院におけるザイザルの使用状況を交えて~」
<講演>「笛吹地区病診連携について」
2013/6/25 『東山梨地区血栓塞栓症研究会』

<学術紹介>「抗凝固薬の臨床開発 -リバーロキサバンの選択-」
<特別講演>「心原性脳塞栓症の治療・予防戦略 -経口第Xa因子阻害薬の役割-」
2013/6/20 『笛吹市医師会学術講演会』

<情報提供>「ネキシウムカプセル 最新の話題」
<特別講演>「鏡視下手術の変遷と今後の展望」
2013/6/10 『Diabetes TV Symposium』

<Session I>「2型糖尿病治療におけるGLP-1受容体作動薬の位置づけ~週1回製剤の臨床成績を含めて~」
<Session II>「新しいGLP-1受容体作動薬の使い方および患者指導について」
2013/5/23 『笛吹市CKD連携の会』

<情報提供>「腎性貧血治療薬 ミルセラ注について」
<特別講演>「CKD医療連携関連の試み」
2013/5/21 『トラゼンタ®錠 Web講演会』

「インクレチン関連薬の登場で糖尿病診療はどう変わったのか?」
~DPP4阻害薬、臨床現場から新たに見えてきたこと~
2013/5/20 『トレシーバ® サテライトダイアログ』

<講演>「基礎インスリンを使いこなす~空腹時血糖を下げる意義~」
2013/5/7 『トレシーバ® サテライトダイアログ』

<講演>「新規持効型インスリンアナログ製剤 デグルデクへの今後の期待」
2013/4/30 『第3回峡東地区糖尿病研究会 世話人会』
2013/4/18 『笛吹市医師会学術講演会』

<製品紹介>「アジルバ錠の薬理学的特性」
<特別講演>「最強のARBが求められる理由」
2013/4/15 『峡東医療連携勉強会』

<製品情報提供>ノバルティス ファーマ株式会社
<特別講演>「南アルプス市の認知症治療の現状と課題」
2013/4/10 『第2回山梨糖尿病実臨床研究会』

<製品紹介>「選択的DPP4阻害剤 ジャヌビア錠」
<Opening Remarks>「これからの2型糖尿病治療を探る」
<基調講演>「パラダイムシフト 糖尿病治療から医療全体へ」
<研究発表1>「インクレチン薬でパラダイムシフトは起こったか?~国立甲府病院の場合~」
<研究発表2>「インクレチン薬でパラダイムシフトは起こったか?~山梨県立中央病院の場合~」
<研究発表3>「インクレチン薬でパラダイムシフトは起こったか?~コメディカルの立場から~」
<Closing Remarks>「糖尿病治療のパラダイムシフト」
2013/4/8 『トレシーバ® サテライトダイアログ』

<講演>「トレシーバの登場によりインスリン強化療法はどのように変わるのか?」
~「一日中インスリンに満たされる」と言わせるインスリン~
2013/4/6 『インスリン治療Update ~ランタスとDPP-4阻害薬の併用を考える~』

<第1部>「ランタスとDPP-4阻害薬の併用を臨床から考える」
<第2部:特別講演>「効果的なインスリン療法の実践~インスリンの使い方を再考する~」
2013/3/31 『トラゼンタ®錠 全国講演会2013』

<講演1>「胆汁排泄型DPP-4阻害薬トラゼンタ®錠の新展望」
<講演2>「Patient-Centred Care with DPP-4 inhibitors」
<パネルディスカッション>「DPP-4阻害薬の現在と未来~リナグリプチン国内臨床報告を踏まえて~」
2013/3/26 『峡東イベント予防懇話会2013』

<学術説明>高脂血症治療剤「リピディル錠」の最近の話題
<特別講演>「動脈硬化症の検査と生活習慣病の治療」
2013/3/24 『DPP Program -Direct to Physicians Post-launch-』

<Lecture1>「持続血糖モニター(CGM)を用いた糖尿病治療 ~DPP-4阻害薬の可能性を含めて~」
<Lecture2>「糖尿病治療の拡がる選択肢 ~DPP-4阻害薬エクアを中心とした単独・併用療法の有用性~」
2013/3/21 『笛吹市医師会3月定例会』

<講演1>「うつ病の理解について」
<講演2>「精神科診療所と一般科診療所との連携について」
2013/3/19 『山梨県糖尿病学術講演会 ~スイニー錠発売記念講演会~』

<製品紹介>「スイニー錠について」
<基調講演>「DPP-4阻害薬登場以降の糖尿病治療の変化」
<特別講演>「CGM(持続血糖モニター)からみた糖尿病治療の最適化」
2013/3/13 『サインバルタWEB講演会』

「チーム医療で取り組む糖尿病性神経障害~当施設におけるフットケア~」
2013/3/8 『糖尿病治療セミナー山梨2013』

<情報提供>「テネリア錠の適正使用について」
<特別講演>「日本人2型糖尿病予防・治療の大規模臨床エビデンス」
2013/3/5 『第1回 糖尿病セミナー』

<製品紹介>「ジャヌビア錠の情報提供」
<特別講演>「糖尿病のインスリン療法とインクレチン療法」
2013/3/1 『第1回Peripheral and Coronary Arterial Disease Total Management Seminar』

<製品紹介>「小腸コレステロールトランスポーター阻害剤 ゼチーア錠」
<Session1>「当院でのPolyvascular disease症例の経験-脂質異常症との関連-」
<Session2>「老化・再生から見たPAD治療-脂質管理戦略を踏まえて-」
2013/2/21 『笛吹市医師会学術講演会』

<製品紹介>「リバスタッチパッチの最近の話題について」
<特別講演>「これからの認知症診療」~治療から予防へ~
2013/2/7 『第3回東山梨糖尿病連携の会』

<製品紹介>「DPP-4阻害剤 グラクティブ錠」
<教育講演>「病診連携におけるどこでもMY病院構想について」
<特別講演>「2型糖尿病における新しい食事療法の考え方」
2013/2/4 『甲州市国保ヘルスアップ事業検討会』

「国保ヘルスアップ事業報告」
「糖尿病発症予防・重症化予防のための地域医療体制について」
2013/2/3 『糖尿病治療 Current Forum Japan 2013 ~日本国内発売から1000日で蓄積されてきたもの~』

<Session1>「インクレチンに関する最新の話題~Meet the Authority~」
<Session2>「シタグリプチンの安全性及び有効な使い方」
<Session3>「シタグリプチンとインスリン併用時の安全性及び有効な使い方」
2013/1/26 『第50回 日本糖尿病学会関東甲信越地方会 ランチョンセミナー3』

「β細胞から見た糖尿病の病態と治療」
2013/1/24 『Yamanashi Basal Insulin seminar』

<製品紹介>サノフィ株式会社
<一般演題>「CGMにおける超速効型アナログインスリン製剤の比較検討」
<特別講演>「Treat To Target~基礎インスリン製剤を活用した2型糖尿病の安心・安全な治療戦略~」
2013/1/17 『糖尿病セミナーin山梨』

<ショートレクチャー>「インスリン/DPP-4阻害薬併用治療の有用性について」
講師:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
<特別講演>「糖尿病治療におけるDPP-4阻害薬の役割~血糖降下作用から合併症抑制に対する期待~」

 

PAGE TOP

2012年

日付 セミナー・研究会活動
2012/12/10 『第15回 山梨糖尿病コメディカル講演会』

<講演>「カーボカウントを学ぼう」
<特別講演>「血糖変動から考えた糖尿病治療」
2012/12/6 『峡東診診連携の会』

<製品紹介>「グラクティブ錠について」
<特別講演>「2型糖尿病治療 2012」~インスリン/DPP-4阻害薬併用治療の有用性について~
中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2012/12/3 『山梨インクレチン治療懇話会』

<講演>「腎機能を考慮した糖尿病薬選択は糖尿病診療をどう変えるか?
~胆汁排泄型DPP-4阻害薬トラゼンタ錠への期待~」
2012/11/30 『山梨県臨床内科医会 第1回学術講演会』

<製品紹介>「ディオバン錠に関して」
<特別講演>「日本人に適した降圧薬とは? -食塩感受性を考慮した高血圧治療の考え方-」
2012/11/27 『山梨DPP-Ⅳiセミナー』

<製品紹介>「エクア錠について」
<特別講演>「膵島の血糖感知能をいかす インクレチン療法の展望と課題」
2012/11/22 『TRESIBA Advisory Board』

<情報提供>「トレシーバについて Phase3データを中心に」
2012/11/21 『テネリア新発売講演会』
初の日本オリジナルDPP-4阻害剤が目指す良質な血糖管理とは

<情報提供>「テネリア錠20mg」
<講演1>「糖尿病腎症患者に対するインクレチン関連薬の使用経験」
<講演2>「脂質の質に視点を置いた糖尿病治療戦略」
2012/11/15 『笛吹市医師会学術講演会』

<製品紹介>尖圭コンジローマ、日光角化症治療薬「ベセルナクリーム5%」
<特別講演>「臨床医における薬疹の見方」
2012/11/13 『東山梨医師会学術講演会』

<学術紹介>「抗凝固薬の臨床開発 ~抗凝固療法のパラダイムシフト~」
<特別講演>「心原性脳塞栓症の再発予防 ~新規抗凝固薬への期待~」
2012/11/5 『ビビアントWebシンポジウム』
生活習慣病例では、なぜ高い骨密度でも骨折するのか?
-病型分類に基づくビスフォスフォネートとSERMの使い分け-

「骨粗鬆症連携について」
2012/10/26 『笛吹市泌尿器領域学術講演会』

<製品紹介>5α還元酵素阻害薬「アボルブカプセル」
<特別講演>「泌尿器科領域における最新治療と専門医への紹介のタイミング」
2012/10/25 『DPP-Ⅳ セミナー in Yamanashi』

<製品紹介>「エクア錠」
<特別講演>「高齢者糖尿病の新たなる治療戦略 ~認知症も含めて~」
2012/10/24 『山梨脂質異常症治療研究会』

<情報提供>「ゼチーア錠の吸収阻害による脂質低下作用について」
<一般演題>「糖尿病患者の脂質異常症の治療」
<特別講演>「エゼチミブのMDA-LDLコレステロールに対する効果の検討 -スタチンとのクロスオーバー試験-」
2012/10/18 『笛吹市医師会学術講演会』

<情報提供>「選択的DPP-4阻害薬エクアについて」
<特別講演>「総合医療としての糖尿病診療」
座長:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2012/10/16 『北杜市医師会定例会』

<製品紹介>選択的DPP-4阻害剤「スイニー錠」
<特別講演>「2型糖尿病の薬物療法 2012」~注射療法を中心にして~
演者:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2012/10/13 『テネリア新発売講演会』
初の日本オリジンDPP-4阻害剤が目指す良質な血糖管理とは

<第1部>
講演1 「糖尿病による血管障害のメカニズム ~基礎からみたテネリアの可能性~
講演2 「わが国における糖尿病治療の課題 ~臨床からみたテネリアの可能性~
<第2部>
「The diabetic cure; now and the future」
2012/10/12 『Basal Insulin Expert Meeting』

<製品紹介>「新デバイス フレックスタッチについて」
<Special Lecture>「Insulin Therapy up to date」
2012/10/9 『第2回 峡東地区糖尿病研究会』

<情報提供>速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤「グルベス配合錠」
<一般講演>「グルベス配合錠の使用経験」
<特別講演>「目で見てわかる食後高血糖治療の重要性」-真の糖尿病治療には何が求められるか-
2012/10/5 『インクレチン症例検討会 in 山梨』

使用経験報告:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2012/10/4 『Treatment Gap研究会 ~意外と知らない皮膚疾患について知ろう~』

<情報提供>「選択的DPP-4阻害薬 ジャヌビア錠」
<特別講演>「知っておきたい外用薬の基礎知識」
2012/9/28 『GLP-1アナログ製剤 外来導入セミナー ~さあ、ビクトーザをはじめよう~』

<製品紹介>「ビクトーザ皮下注18mg」
<症例提示>「肥満合併糖尿病患者へのビクトーザ使用経験」
2012/9/27 『第4回 加納岩医療フォーラム』

Session1
「リオベル配合錠の膵保護効果について」
Session2<一般演題>
1.「橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定法の治療成績 -成績不良例の検討-」
2.「OM femoral nailを用いた大腿骨転子部骨折の治療成績
Session3<講演>
1.「COPDと喘息」
2.「全身疾患と眼合併症」
2012/9/18 『Metabolism Conference 2012 in Yamanashi WEST』

<情報提供>「ゼチーア錠の吸収阻害による脂質低下作用について」
<特別講演>「メタボリックシンドロームにおける脂質異常症治療:包括疾病管理としてのゼチーア」
2012/9/14 『メトホルミンを考える会 ~メトホルミンの使用量を考える~』

<製品紹介>速効型インスリン分泌促進剤「シュアポスト錠」について
<特別講演>「2型糖尿病の薬物療法 2012」~インスリン治療を含めた薬物療法の総括~
講師:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2012/9/13 『東山梨 痛みを考える会 -とれなかったその痛みに-』

<製品紹介>「リリカ カプセル」
<特別講演>「神経障害性疼痛についての最近の知見」
2012/9/10 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版普及啓発共催セミナー』

<基調講演>「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版の概要と改訂のポイント」
<パネルディスカッション>「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版はこうして実地臨床に生かす」
2012/9/9 『どこでもMY病院 山梨大会』
2012/9/6 『DPP-4阻害薬に関する社内勉強会』

<演題>「DPP-4阻害薬による治療について」
講師:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2012/8/9 『笛吹市医師会学術講演会』

<情報提供>「ミカルディス錠最新の話題」
<特別講演>「最近の抗加齢医療」
2012/7/19 『笛吹市医師会学術講演会』

<情報提供>「選択的β1アンタゴニスト“メインテート”の適正使用について」
<特別講演>「慢性心不全治療薬の最近の話題」~生命予後を考慮した心保護効果について~
2012/7/10 『ビクトーザ症例検討会 in 山梨大学』

「リラグルチドの使用経験 ~CGMを用いたエキセナチドとの比較検討~」
2012/6/26 『山梨インクレチンフォーラム』-ジャヌビア錠発売2周年記念講演会-

<製品紹介>「選択的DPP-4阻害薬 ジャヌビア錠」
<研究報告>
Session1「山梨大学医学部附属病院における糖尿病治療薬の使用状況」
Session2「2型糖尿病治療は変わったか?-15年間の外来診療を振り返る-」
<特別講演>
「アンチ糖尿病の診療を目指して」
2012/6/25 『シオノギ・リリーWeb講演会』

「糖尿病性神経障害に伴う疼痛の最適な治療とは -臨床経験から考える-」
2012/6/25 『ノボラピッド70ミックスサテライトダイアログ』

「ハイミックス製剤の有用性 ~ノボラピッド70ミックス注の可能性とは~」
2012/6/21 『笛吹市医師会学術講演会』

<学術情報提供>アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト」
<特別講演>「急増するアルツハイマー病と抗認知症治療薬による治療戦略」
2012/6/12 『東山梨糖尿病連携の会』

<製品紹介>「DPP-4阻害剤 グラクティブ錠」
<教育講演>「良好な血糖コントロールを続けるために」
<特別講演>「変わり続ける2型糖尿病の外来診療」
2012/6/8 『Alzheimer's Disease Frontier in YAMANASHI 2012 ~メマリー錠発売1周年講演会~』

<一般演題>
1.「メマリー錠が有効であったパーキンソン病を合併したアルツハイマー型認知症の2症例」
2.「当院におけるメマリー錠の治療経験」
3.「ドネペジル・メマンチン併用症例の検討」
<特別講演>
「実臨床におけるメマンチンの意義と有用性」
2012/6/7 『第43回山梨糖尿病臨床懇話会』

<製品紹介>「ミカムロAP錠の有用性について」
<一般演題>「糖尿病患者に対するミコンビの使用経験」
<特別講演>「糖尿病と動脈硬化」
2012/6/6 『アジルバ錠発売記念講演会』

<SESSION1>「高血圧実態調査の結果について」
<SESSION2>「厳格な血圧管理が奏功した高血圧性心臓病の1例」
<特別講演>「彼我の大規模臨床試験から本邦の降圧療法を考える」
2012/6/5 シュアポスト錠発売1周年・メトグルコ錠発売2周年記念
『糖尿病学術講演会』 ~より良い血糖コントロールを目指して~

<製品紹介>「シュアポスト錠」
<一般講演>「血糖変動から見たメトホルミンの使い方」
<特別講演>「血糖コントロールが“質”の時代へ ~HbA1c国際標準化をうけて~」
2012/6/1 『山梨県脂肪酸研究会』

<製品説明>EPA製剤「エパデール」
<特別講演1>「当院におけるEPA/AA比」
<特別講演2>「障害血管の病態から考える 冠動脈疾患治療の今後」
2012/5/31 『甲府糖尿病懇話会 ~トラゼンタ錠発売記念講演会~』

<製品紹介>「トラゼンタ錠」
<症例報告>「トラゼンタ錠 使用経験」
<特別講演>「DPP4阻害剤のアップデート」
2012/5/29 『山梨ゼチーアForum -発売5周年記念講演会-』

<製品紹介>「ゼチーア錠の吸収阻害による脂質低下作用について」
<一般講演>「RLP-CのリスクとEzetimibeによる改善効果」
<特別講演>「メタボリックシンドロームにおける脂質管理 -コレステロール代謝と脂肪肝・インスリン抵抗性-」
2012/5/27 『学術講演会 高血圧治療を「究」める』

<Topics講演>「注目される血圧変動性 ~高齢者高血圧患者の治療にどう活かすか~」
<特別講演>「高齢者の高血圧治療におけるARBの位置づけ」
2012/5/24 『第11回山梨臨床糖尿病研究会』

<製品説明>持効型インスリン製剤「ランタス注」
<一般演題>
「糖尿病治療薬を使った難治性皮膚疾患の治療」
「超速効型インスリンアナログ製剤のCGMを使った比較検討」
<特別講演>
「1型糖尿病の成因と治療 Update」
2012/5/14 『Open Forum Hypertension In Yamanashi』

<一般演題>「エックスフォージ配合錠の使用経験」
<特別講演>「心血管保護を見据えた降圧薬の選択」-NAGOYA HEART STUDYを含めて-
2012/4/26 『山梨糖尿病実臨床研究会』

<製品説明>「選択的DPP-4阻害剤/糖尿病用剤 ジャヌビア錠」
<Session1>「研究報告:インスリン治療中の糖尿病患者におけるシタグリプチンの追加効果の検討」
<Session2>「2型糖尿病治療の新展開 DPP-4阻害薬の位置づけは?」
演者:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
<Discussion>「今後の糖尿病治療を考える」
2012/4/24 『レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系を考える』

<情報提供>「セララ錠」の今後の展望
<基調講演>「原発性アルドステロン症の診断と治療 ~当院の最新の知見を交えて~」
2012/4/20 『第13回 エクア LIVE Meeting』

「DPP-4阻害薬が切り開く新たな糖尿病治療 -基礎・臨床から見えてきたエクアの実力-」
2012/4/19 『笛吹市医師会学術講演会』

<情報提供>「ネキシウムカプセル」最新の話題
<特別講演>「増加する炎症性腸疾患」~最新の治療法も含めて~
2012/4/12 『山梨糖尿病合併症治療研究会』

<製品紹介>「DPP-Ⅳ阻害薬グラクティブ錠」
<教育講演>「糖尿病が良くなる考え方・良くならない考え方」
<特別講演>「CGM(持続血糖モニター)からみた糖尿病治療戦略」~血糖変動制御の意義~
2012/3/15 『笛吹市医師会学術講演会』

<学術情報提供>非プリン型キサンチンオキシダーゼ阻害剤「フェブリク錠」
<特別講演>「痛風の治療、高尿酸血症の管理 ~新しい尿酸降下薬への期待~」
2012/2/16 『笛吹市医師会学術講演会』

<製品紹介>セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤「サインバルタ」
<特別講演>「一般臨床医におけるうつ病診療」
2012/2/11 『2型糖尿病の新たな治療戦略を探る』

<Session1>「インクレチン研究の新たな展開」
<Session2>「インクレチン関連薬は糖尿病治療を変革するか?」
<Discussion>「2型糖尿病の新たな治療戦略を探る」
2012/2/10 『糖尿病治療の最新のトピックス』

<製品紹介>「エクア錠」最新情報
<特別講演>「メタボリックシンドロームの病態と対策」
2012/2/9 『カデュエット錠 講演会』
患者さんの将来のために今できること ~医師と患者さんのデュエット~

<製品紹介>「カデュエット錠」
<一般講演>「糖尿病患者のトータルケア」「カデュエット使用経験」
<特別講演>「糖尿病症例における治療の現状と血圧・脂質管理」
2012/1/27 『ARB Forum 2012 in Yamanashi』

<情報提供>「ミカムロ配合錠」最新の話題
<講演1>「ACE阻害薬とARBの相違点」
<講演2>「糖尿病血管症阻止のためのトータルリスクマネージメント」
2012/1/23 『心血管イベント抑制を見据えた糖尿病治療戦略 -リスク・ベネフィットを考慮した薬剤選択とは-』

<ショートレクチャー>「2012年度診療報酬改訂の方向性 ~これまでの議論を踏まえて~」
<TV講演会>「心血管イベント発症抑制を見据えた糖尿病治療戦略 ~リスク・ベネフィットを考慮した薬剤選択とは~」
2012/1/16 『インスリンSpecialセミナー』

<製品説明>持効型溶解インスリンアナログ製剤「ランタス」
<特別講演>
「インスリン治療の新たな発展に向けて -求められるエビデンスと経験-」
「演者としてのポイント」
2012/1/13 『メトホルミンを考える会 ~メトホルミンの使用量を考える~』

<製品紹介>速効型インスリン分泌促進剤「シュアポスト錠」について
<特別講演>「2型糖尿病の薬物治療におけるパラダイムシフト?(2)」~何から使う?どうやって使う?~
講師:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2012/1/12 『関節リウマチと骨粗鬆症治療 up date』

<製品説明>「リカルボン錠50mgについて」
<教育講演>「実地医による今日の関節リウマチ診療」~歯科・整形外科評価の重要性~
<特別講演>「骨粗鬆症診療の現状と今後の展望」

 

PAGE TOP

2011年

日付 セミナー・研究会活動
2011/12/12 『第14回山梨糖尿病コメディカル講演会』

<プログラム1>「食わなきゃパワーが出ないよ ~こんな症例にGLP-1受容体動作薬を導入してみました~」
<プログラム2>「外来における療養指導士の役割 ~質の良いHbA1cを目指して~」
<プログラム3>「質の良いHbA1cを目指して ~小さな診療所でCDEJを目指して~」
<プログラム4>「日本人糖尿病患者の病態にあった治療戦略 ~インクレチン関連薬の役割を含めて~」
2011/12/11 『DPP-4阻害薬で初の日本人大規模臨床データVISION研究からビルダグリプチンを検証する』

<Keynote Lecture>「DPP-4阻害薬 ビルダグリプチンの臨床評価 -VISION研究の結果を踏まえて-」
<Panel Discussion>「VISION研究を日常臨床に如何に生かすか?」
2011/11/28 『バイエッタ発売1周年記念 これからのGLP-1治療を考える会』

<症例提示>「当院におけるバイエッタの使用経験」
演者:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
<特別講演>「GLP1受動体作動薬による2型糖尿病治療への期待」
2011/11/15 『北杜市医師会定例会』

<製品紹介>糖尿病食後過血糖改善剤「セイブル錠」
<特別講演>「2型糖尿病の薬物治療~今求められている血糖コントロールの質~
演者:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2011/11/10 『Hypertension Meeting in Yamanashi 2011
~糖尿病合併高血圧症~』

<一般演題>
①当院における糖尿病合併高血圧患者の治療状況
②オルメサルタン投与により改善した尿蛋白
③糖尿病合併高血圧の降圧治療
<特別講演>腎症・高血圧合併糖尿病診療における「個別医療」の重要性について
2011/11/8 『エクア錠発売1周年記念 第8回 Web LIVE Meeting』

「良質な血糖コントロールを目指した糖尿病治療戦略
~当科でのビルダグリプチン使用経験、およびCGMデータの解析から~」
2011/11/2 『山梨県N型カルシウムチャンネル研究会
高血圧治療における交感神経抑制と臓器保護』

<特別講演I>
交感神経系からみた降圧療法~N型Caチャネル遮断薬の魅力に迫る~
<特別講演II>
高血圧治療におけるCa桔抗薬の有用性
2011/10/28 『-高血圧治療の新展開-』

<特別講演I>
高血圧とCKD治療における新展開
-心臓血管ホルモンと心臓関連-
<特別講演II>
ACE阻害薬、ARBと直接的レニン阻害薬の違い
2011/10/27 『グルベス配合錠発売記念学術講演会』

<情報提供>
即効性インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤「グルベス配合錠」
<一般講演>
持続血糖測定(CGM)による食後血糖改善の効果比較
<特別講演>
「糖尿病治療の理想を求めて一糖尿病合併症のない未来はくるか?-」
2011/10/26 『臨床医学研究会~笛吹・東山梨のデータから読み解<~』

<製品紹介>カデュエット錠
<一般講演>「高脂血症治療薬の飲み忘れに関する実態調査」
<特別講演>
「動脈硬化性疾患の治療におけるピットフォール
~内服治療のアドヒアランスを考える~」
中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2011/10/25 『ピクトーザ 症例検討会』

<特別講演>
「ビクトーザの使用経験~早期導入を含む53症例の臨床像~」
2011/10/20 『笛吹市医師会学術講演会』

<製品紹介>「ミカムロ配合錠APについて」
<特別講演>「慢性腎臓病(CKD)の啓発と医療連携の実際」
2011/10/11 『ピクトーザ 症例検討会』

<特別講演>
「糖尿病治療革命
~ビクトーザを最大限活用するための3つのポイント~」
2011/10/6 『第4回山梨インクレチン研究会』

<製品紹介>
「ジャヌビア錠の情報提供」
<特別講演>
「GLP-1の膵作用と膵外作用」
2011/9/30 『CKD病診連携セミナー』

<製品情報提供>「新ESA製剤 ミルセラ注」
<特別講演>「山梨県におけるCKD診療の親状」
2011/9/29 『第3回加納岩医療フォーラム』

「ネシーナ錠の血糖コントロール特性」
<講演>
1 当院透析室で経験した症例
2 心房細動と脳梗塞
3 脳梗塞急性期治療について一t-PA静注療法を中心にー
2011/9/28 『第1回峡東地区糖尿病研究会』

<製品紹介>
速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤
「グルペス配合錠」
<講演>
食後高血糖を見据えた糖尿病治療
一新しい糖尿病治療の流れー
2011/9/16 『峡東DM懇話会』

<内容>「セイブル錠について」
<特別講演>「7つの習慣」で糖尿病に克つ
2011/9/15 『笛吹市医師会定例会及び校長会・医師会合同研修会』

<演題>
「豊かな心を持ち自ら考え行動できる子どもの育成
~基本的生活習慣・学習習慣の定着を目指して~」
2011/9/9 『山梨脂肪酸研究会』

<製品紹介>EPA製剤『エパデール』持田製薬株式会社
<基調講演>Residual Riskを考慮した最新治療戦略~新たな危険因子(EPA/AA)の活用~
<パネルディスカッション>リスク因子としてのEPA/AA比
2011/9/8 『生活習慣病とスポーツ医学研究会』

<製品紹介>
選択的DPP-4阻害剤/糖尿病用剤 ジャヌビア錠 MSD株式会社
<生活習慣病とスポーツ医学研究会の開催にあたって>
<特別講演>
スポーツとWIN-WINのための糖尿病治療
2011/9/5 『CRE STOR TV Symposium 2011』
2011/9/4 『山梨漢方ステップアップセミナー
~患者様にお役立て頂ける~』

<プログラム>
漢方概論(水毒、血虚について)
循環器及び腎・泌尿器疾患
不定愁訴及び疼痛疾患
2011/8/30 『山梨認知症講演会~広がる治療戦略~』

<製品紹介>新しいアルツハイマー治療薬レミニールの臨床効果について
<一般講演>
レミニールの使用経験について
認知症の医療連携~地域での取り組みについて~
<特別講演>
認知症の診断と治療
2011/8/9 『全国テレビ講演会のご案内
世界の糖尿病治療の潮流2011~ADAの話題を中心に~』

<テーマ>世界の糖尿病治療の潮流~ADAの話題を中心に~
2011/7/21 『笛吹市医師会学術講演会』

<特別講演>「ロコモティブ症候群と腰痛~整形外科専門医へ紹介するタイミング~」
2011/7/15 『ネシーナ錠 発売1周年 全国TV/PC講演会のご案内
ネシーナ錠を中心とした新たなる糖尿病治療戦略
-症例から考察するネシーナ錠のベストユースとは-』

<TV講演会>
ネシーナ錠の有効性と安全性、そしてその可能性
~徳島多施設調査からの考察~
実臨床におけるネシーナ錠の効果的な活用とポイント~自験例からの考察~
<ショートレクチャー>
当院におけるDPP-4阻害薬の使用経験~150例からの考察と薬剤比較~
2011/7/14 『第6回甲府糖尿病懇話会』

<症例発表>「当院におけるバイエッタの処方経験」
演者:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
<特別講演>「バイエッタの使用経験~40例の報告~」
<ディスカッション>「2型糖尿病患者へのインクレチン製剤の応用」
2011/7/8 『メトホルミンを考える会 ~メトホルミンの使用量を考える会~』

<製品紹介>ピグアナイド系経口血糖降下剤 「メトグルコ錠250mg」について
<特別講演>
2型糖尿病の薬物治療におけるパラダイムシフト?~何故、今メトホルミン?~
講師:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2011/7/4 『ピクトーザ 発売1周年記念講演

<一般講演>「経口剤からビクトーザヘの切替例」
<特別講演>「2型糖尿病治療におけるヒトGLP-1アナログ製剤の有用性とポジショニング」
2011/6/30 『山梨インクレチンサークル
~グラクティブ錠とαグルコシダーゼ阻害薬 併用効能追加記念講演~』

<製品紹介>「グラクティブ錠とαGIの併用について」
<セッションI>基調講演
「甲信越エリアに於ける糖尿病/SPIDDM治療に於ける実態調査について」
<セッションII>特別講演
「2型糖尿病に対する治療アルゴリズムを考える」
2011/6/28 『ビクトーザ サテライトダイアノロノグ』

<講演>「2型糖尿病治療におけるビクトーザのポジショニング」
2011/6/26 『山梨漢方入門セミナー』
2011/6/22 『東山梨ナイト・カンファレンス』

<特別講演>「Win-Winを目指す糖尿病診療」
2011/6/21 『グルコバイ WEBカンファレンス
インクレチン作用を考慮した糖尿病治療
α-グルコシダーゼ阻害薬とDPP-4阻害薬の併用意義』
2011/6/16 『笛吹市医師会学術講演会』

<製品紹介>「グラクティブ錠50mg最近の話題について」
<特別講演>
座長:中里内科クリニックDM 院長 中里稔先生
「糖尿病の最近の動向」
2011/6/9 『山梨うつ病・認知症勉強会』

<一般講演>「高齢者のうつ病と認知症」
2011/5/31 『メトグルコ錠 学術講演会 ~メトホルミンの適正使用~』
<製品紹介>メトグルコ錠250mg
<特別講演>「2型糖尿病患者の病態機序に基づく初期治療の考え方」
<パネルディスカッション>テーマ:メトホルミン高用量投与の好適症例、注意点
パネリスト:中里稔先生 中里内科クリニックDM院長
2011/5/27 『E-Quality Meeting~エクア発売1周年記念講演会~』

<製品説明>「エクア錠に関して」
<Special Lecture>「2型糖尿病治療最前線2011」
2011/5/26 『第10回山梨臨床糖尿病研究会』

<一般演題>
「意識障害が遷延した糖尿病性ケトアシドーシスの一例」
「糖尿病合併妊娠患者におけるCGMを用いたインスリン療法の実際」
<特別講演>
「小児のメタボリックシンドロームと2型糖尿病」
2011/4/21 『笛吹市医師会学術講演会』

<学術情報提供>「高血圧治療の最新の話題」
<特別講演>「睡眠障害と生活習慣病」眠って生きろ/眠って治せ
2011/4/14 『ビクトーザ 症例検討会』

<情報提供>ビクトーザ皮下注18mg
<症例提示>
『ビクトーザ130症例の使用経験-その実力と限界-』
2011/3/11 『第6回峡東DM懇話会』

<内容>
「セイブル錠最近の話題」
「日常診療で遭遇した糖尿病症例紹介」
2011/3/10

『管理栄養士栄養士病態研修会』

<講演>
「変わりつつある糖尿病治療」
~合併症予防の観点から最近明らかになったトピックスを中心に~

演者:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔

2011/3/10 『Metabolism Advisory Board in 山梨』

演者:中里内科クリニックDM 院長 中里 稔
2011/3/9 『山梨地区 AF Summit』

<製品紹介>直接トロンビン阻害剤「プラザキサカプセル」
<特別講演>「心房細動抗凝固療法のパラダイムシフト」
<パネルディスカッション>「変わる!心房細動の脳梗塞予防」
2011/3/2 『第8回糖尿病治療セミナー山梨』

<情報提供>「レザルタス配合錠の降圧効果について」
<特別講演>「糖尿病治療の実践」
2011/2/24 山梨ジャヌビア発売1周年記念講演会

<製品紹介>選択的DPP4阻害剤 ジャヌビア錠
<講演>
<新規糖尿病治療薬DPP4阻害剤の使用経験>
「シタグリプチンの効果一血糖日内変動での検討」
「1日3回のインスリン注射をシタグリプチン1日1回内服へ変更できた症例」
「変わる?外来の薬物療法」
<特別講演>
「糖尿病治療は変革したか?
~インクレチン関連薬の臨床経験から学んだこと~」
2011/2/17 『笛吹市医師会学術講演会』

<情報提供>「花粉症治療における最新の話題」
<特別講演>「アレルギー診療の落とし穴
~ 診療ガイドラインと添付文書は法廷においてどのような意味をもつか ~」
2011/2/15 『クレストールTV Symposium 2011
糖尿病患者におけるトータルリスクマネージメントの重要性
~積極的脂質低下療法の現状と今後の展望~』
2011/2/14 『グルコバイ WEBカンファレンス
血糖日内変動をどうのように捉え、是正するか-CGMとSMBGの活用方法』

<レクチャー>血糖日内変動正常化のためのSMBGの適切なポイント
<症例検討>HbA1c、空腹時血糖値からは血糖コントロールが良好に思われる2型糖尿病患者
2011/2/13 『糖尿病のCureとCareを目指した治療新展開』

<基調講演>「糖尿病治療の課題と展望」
<講演1>「糖尿病大血管障害の成因と治療」
<講演2>「糖尿病腎症の成因と治療」
<講演3>「糖尿病神経障害への新しいアプローチ」
2011/2/12 『インスリン全国講演会「如月」~Treat to Target~』

<基調講演>「Treat to Target の実践~糖尿病治療の考え方~」
<一般講演>
講演1 「強化インスリン療法における基礎インスリンの重要性~ランタス増量の意義と効果~」
講演2 「新規超速効型インスリン製剤アピドラの臨床効果」
講演3 「ランタスとアピドラの強化インスリン療法~入院強化療法で見えてきたもの~」
2011/1/23 『ジャヌビアによる2型糖尿病治療のパラダイムシフト』

<Session1>膵β・α細胞機能制御とDPP-4阻害薬への期待
<Session2>DPP-4阻害薬:2型糖尿病早期治療に対する期待
<Session3>ジャヌビによる2型糖尿病治療のパラダイムシフト
2011/1/20 『笛吹市医師会学術講演会』

<情報提供>「プレタールの最新の知見」
<特別講演>「荏原病院総合脳卒中センターの現状と脳卒中治療」
2011/1/9 『JADECサイエンスフォーラム-UNITE Study』

<症例提示>「新規経口糖尿病治療薬DPP-4阻害薬の使用経験
<特別講演>「経口糖尿病治療薬(インクレチン関連薬を含む)投与に関する
実態調査研究(UNITE Study)中間報告」
2011/1/8 『糖尿病治療 Current Forum-Japan 2011』

<基調講演>新しい糖尿病診断基準を踏まえた早期介入とインクレチン標的薬
<Session1>アジア糖尿病の特徴と治療戦略-シタダリプチンの実際
<Session2>2型糖尿病治療の新時代 治療法選択のパラダイム ーDPP-I阻害薬の安全性と効果の視点から-
1)安全性の側面から「インクレチンとSU薬の適正使用に関するRecommendation」
2)有効性の側面から
2011/1/7 『山梨アピドラ1周年記念講演会』

<製品紹介>サノフィ・アベンティス
<一般講演>
「インスリン療法のステップアップ」
「アピドラのインスリン導入例」
「持続血糖測定(CGM)を利用したCSII療法の実際」
<特別講演>
「臨床から考える最新のインスリン治療戦略
~グラルギン及びグルリジンの有効な使用方法~」

 

PAGE TOP

2010年

日付 セミナー・研究会活動
2010/12/14 『-シムビコート発売1周年記念-Asthma Symposium 2010 in KOFU』

<製品紹介>シムビコート タービュヘイラーについて
<特別講演>気管支喘息のより良い治療とは~シムビコートの使用経験と今後の期待
2010/12/10 『ビクトーザー サテライトダイアログ』

ビクトーザーによる新しい糖尿病治療の世界-miracle-
2010/12/7 『NovoRapid Mix製剤 Satellite DIALOGUE』

BOTの限界とノボラピッド30ミックスによる治療強化
2010/11/30 『Webストリーミング講演会』

<演題>バイエッタ 国内外臨床データのご紹介
2010/11/18 『笛吹市医師会学術講演会』
<製品紹介>高純度EPA製剤「エパデール」
<特別講演>「山梨県内の産科救急の現状」
2010/11/6 『多様な病態を改善するベストアプローチとは
~経口血糖降下薬の最適な使い分け~』
<基調講演>
日本人2型糖尿病における多様な病態と治療の考え方
2010/11/4 『ビクトーザ症例検討会』
<講師>中里内科クリニックDM 院長 中里 稔 先生
「ビクトーザの使用経験」
~コントロール不良例からの切り替えを中心に~
2010/10/29 『第1回 Yamanashi DM Circle』
<製品紹介>
自己血糖測定器 「ブリーズ2」
食後高血糖改善剤 「グルコバイOD錠」
<講演>「α-グルコシダーゼ阻害剤とインクレチン薬の使い方について」
2010/10/26 『2大病態に対応した2型糖尿病の治療戦略
~DPP-4阻害薬とチアゾリジン薬に焦点をあてて~』
<講演1>2大病態克服による糖尿病進展の防止を目指して
<講演2>心血管イベント発症予防に向けた治療薬の選択と実践
2010/10/25 『ビクトーザ サテライトダイアログ』
<講演>これからの2型糖尿病治療
~ビクトーザ 私はこう使っています~
2010/10/13 『ビクトーザ® サテライトダイアログ』
<講演>GLP-1製剤の生かし方、薦め方
2010/10/8 <製品紹介>グラクティブ錠について
<特別講演>CGM(接続血糖モニター)からみた糖尿病治療戦略
~血糖変動制御の意義とインクレチン・エンハンサーの効果~
2010/10/7 『第12回 山梨県糖尿病患者教育スタッフ研究会』
<製品紹介>ビクトーザ皮下注18mg
<一般講演>
ビクトーザの使用経験① 中里内科クリニックDM 院長 中里稔 先生
ビクトーザの使用経験②
<特別講演>2型糖尿病治療薬の新展開
‐ヒトGLP‐1アナログ製剤の可能性-
2010/9/16 『笛吹市医師会定例会及び校長会・医師会合同勉強会』
<演題>子どもの予防接種
2010/9/9 『第五回甲府糖尿病懇話会』
<製品紹介>超速効型インスリン ヒューマログ注
<特別講演>アナログ時代のインスリン療法
<ディスカッション>インスリンアナログ製剤の使い分け
2010/9/3 『第5回「峡東DM懇話会」』
「セイブル錠最近の話題」
<演題>2型糖尿病治療の最近の話題について
<演題>日常診療で遭遇した糖尿病症例紹介
2010/9/2 『峡東地区インクレチンセミナー2010』
<製品紹介>グラクティブ錠
<特別講演>インクレチン関連薬で変わる糖尿病治療戦略
2010/8/19 『笛吹市医師会学術講演会』
<学術情報提供>アリセプト
<一般演題>認知症の医療連携について
<特別講演>かかりつけ医のための認知症講座
2010/7/22 『インスリンセミナー Treat to target から基礎インスリン補充の重要性を考える』
<学術情報>ランタス・アピドラ
<特別講演>インスリン療法で行き詰ったときの次の一手を考える
2010/7/21 『世界の糖尿病治療の潮流2010 ~ADAの話題を中心に~』
<講演>テーマ:世界の糖尿病治療の潮流 ~ADAの話題を中心に~
2010/7/15 『笛吹市医師会学術講演会』
<製品紹介>オメプラール錠の最近の話題
<特別講演>変化する肺癌診療
2010/7/13 『新時代の糖尿病治療戦略 -ネシーナ、メタクト新発売講演会-』
<情報提供>糖尿病合併高血圧症への治療アプローチ
<一般講演>テーマ:j糖尿病治療薬の併用療法について
演題1 TZDとBGの併用意義
演題2 TZDとDPP-4阻害薬の併用意義 中里内科クリニックDM 院長 中里 稔 先生
演題3 aGIとDPP-4阻害薬の併用意義
<特別講演>大血管症抑制のための血糖コントロール
2010/7/8 『第3回山梨糖尿病とメタボリックシンドローム研究会』
<講演>テーマ:2型糖尿病の新しい治療戦略 ~インクレチンの役割~
<講演>DPP-4阻害薬の使用経験
<特別講演>食後高血糖是正とインクレチン、α‐グルコシダーゼ阻害薬
2010/6/15 『第4回山梨笛吹認知症研究会』
<学術情報>
アリセプト10mgの意義について
認知症疾患医療センターの役割と医療連携について
<特別講演>
かかりつけ医とケアスタッフのための認知症講座-2 地域連携
2010/6/10 『第3回山梨インクレチン研究会』
<特別講演>糖尿病患者に対するインクレチン療法の可能性
<ディスカッション>DPP-4阻害剤をいつどのような患者さんに処方するか
症例提示
既存の経口糖尿病薬で血糖コントロール不良であった症例に対するジャヌビアの使用経験
中里内科クリニックDM 院長 中里 稔 先生

中等度腎機能障害患者におけるジャンビア錠の有用性(案)
原口内科・腎クリニック
2010/6/7 『動脈硬化予防セミナー2010 -Update in Yamanashi-』
<情報提供>リピトール学術情報
<教育講演>糖尿病患者における脂質低下療法の意義
<特別講演>積極的脂質低下療法の意義 ~ADMIRE Study及びMRIによる大動脈プラークの評価~
2010/5/14 『レザルタス配合錠 新発売記念講演会』
<情報提供>「レザルタス配合錠の降圧効果について」
<一般講演>
演題1 「当院における糖尿病患者の降圧治療」
演題2 「オルメテックとカルブロック併用による降圧効果の検証」
演題3 「高齢者高血圧におけるオルメテック、カルブロック併用療法の有効性について」
<特別講演>「考える高血圧診療」
2010/5/11 『第3回山梨笛吹認知症研究会』
<情報提供>「認知症のスクリーニングツールについて」
<特別講演>「かかりつけ医とケアスタッフのための認知症講座-1 BPSDとその対応」
2010/5/8

『ジャヌビア ケース カンファレンス~糖尿病治療の未来を語る~』

<Session 1>DPP-4阻害薬の可能性 ~アジア人におけるジャンビア の臨床データから~
Therapeutic potential of DPP-4 inhibitor
-Clinical experience of januvia in Asian patients with type 2 diabetes-
<Session 2>2型糖尿病治療戦略のパラダイムシフト
~早期介入の重要性~
<Discussion>糖尿病治療の未来を語る

2010/4/23 『レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の新時代』
<情報提供>セララ錠の今後の展望
<教育講演>「当院における原発性アルデステロン症の診断の現状とセララによる治療成績」
<特別講演>「難治性高血圧症としての原発性アルドステロン症の診断と治療」
2010/4/15 『笛吹市医師会学術講演会』

<製品説明>「ホクナリンテープの高齢者喘息に対しての有効性について」
<特別講演>「長引く咳の診断と治療」
2010/4/14 『クレストール TV Symposium 2010 健康寿命を延ばすために~チームで取り組む動脈硬化予防』
2010/4/12 『Victoza Scientific Forum』

<情報提供>「ビクトーザ皮下注 18mg」
<特別講演>「GLP-1の整理作用とインクレチン治療薬-リラグルチドを中心に-」
2010/3/19 『第7回糖尿病治療セミナー山梨』

<情報提供>「ファスティック錠の血糖降下作用について」
<特別講演>「食後高血糖治療の実践をめざして」
2010/3/18 『笛吹市医師会学術講演会』

<製品紹介>定量噴射式アレルギー性鼻炎治療剤 ナゾネックス点鼻薬
<特別講演>肝炎・肝癌の診かた、治しかた:米国・千葉大・東大40年の体験から
2010/3/17 『山梨県高血圧学術講演会』

<製品紹介>ARB製剤「アバプロ錠」について
<一般講演>「糖尿病合併高血圧患者におけるARBと利尿薬の使い方」
<特別講演>『血管「壁」硬化から考える高齢者高血圧トータルマネージメント』
~腎保護の重要性とARBイルベサルタンの位置付けと実力~
2010/3/9 『エカード配合錠 発売1周年 記念講演会』

<製品紹介>「エカード配合錠について」
<特別講演>「日本人に求められる降圧療法 ~夜間・早朝高血圧の管理を踏まえて~」
2010/3/ 『学術講演会 糖尿病治療の新たなる夜明け -ランゲルハンス島からの贈り物-

Lecture1 2型糖尿病治療における膵島機能改善の意義
Lecture2 2型糖尿病の治療は大きく変貌するか?
Lecture3 インクレチン その歴史と期待~日本人にインクレチン治療は適するか?~
2010/2/28 『JART全国学術Forum』

<Key note Lecture-1>「動脈硬化を退縮を目指した治療提案」-その戦略背景について-
<Key note Lecture-2>「脂質異常症における最適治療とは」-内科クリニックでの3,000例の実験例より-
<Group work>「治療戦略の普及を目指して』-キーメッセージの確認-
2010/2/24 『学術講演会』

<情報提供>ロキソニンテープの鎮痛効果・安全性について
<一般講演>2010年度診療報酬改定のポイント
<特別講演>「膝関節痛治療の考え方~診断から人口関節まで~」
2010/2/19 『第4回「狭東DM懇親会」のご案内』

「経口血統降下薬をどのように使いこなすか」
2010/2/18 『笛吹市医師会講演会』

「糖尿病の最新治療」
2010/2/17 『第二回 山梨県糖尿病診療連携を考える会』
2010/2/14 『ジャヌビア発売記念シンポジュウム for Specialists 2型糖尿病治療の最前線』

SESSION 1 2型糖尿病治療における最新のトッピクス
SESSION 2 2型糖尿病におけるインクレチン治療法への期待~シタグリプチンの臨床成績から~
DISCUSSION 2型糖尿病における新しいStrategy
2010/2/2 『オルメテック錠 発売5周年記念講演会』

<情報提供>降圧療法におけるオルメテック錠の有用性
<一般講演>体内AGEの経皮的評価と糖尿病性腎症
<特別講演>糖尿病性腎症診療の最前線
2010/1/26 『ランタスセミナー Treat to targetから基礎インスリン補充の重要性を考える』

<学術情報>「ランタス・アピドラ」
<特別講演>「複雑化する?インスリン療法」
2010/1/21 『笛吹市医師会学術講演会』

高齢者の気管支喘息とCOPD:医療連携の進め方
2010/1/14 『インクレチンセミナー』

選択的DPP-4阻害剤―糖尿病用剤―「グラクティブ錠」
「糖尿病の新たな治療戦略」DPP-阻害薬:シタグリプチンへの期待
PAGE TOP